自己処理

自己処理には危険がいっぱい

学割 脱毛

脱毛はカミソリでさっと簡単にできることだと考えていませんか?

 

実は、脱毛の方法を一歩誤れば、さまざまな肌トラブルの原因となります。毛抜きやカミソリで自分で処理している、という方は特に肌トラブルを引き起こす要因となりますので、注意が必要です。

 

実際に自分で脱毛処理した場合の肌トラブルにどのようなものがあるのか、ご紹介します。

 

例えば、カミソリの刃で傷ついた部分が黒ずむなど、肌に色素が沈着してしまうことがあります。実はムダ毛がよく生えている部位には、シミの原因でもあるメラニン色素が多く分布しています。

 

つまり、ムダ毛が集まる場所で、負担のかかる脱毛を行うと、黒ずみなどが生じ、色素が沈着してしまう恐れがあるのです。

 

学割 脱毛

他にも、無理に脱毛すると皮膚が炎症を引き起こしたり、肌荒れなども発生したりすることもあります。

 

特にカミソリやシェーバーなどの刃で剃る場合、ムダ毛を剃ると同時に皮膚の表面をも削ってしまいます。剃った後に肌がヒリヒリするのは、お肌が悲鳴をあげている証拠です。

 

ダメージを受けた状態で外出すると紫外線を浴びたり、モノにぶつかるなど物理的な衝撃が肌に加わると余計に悪影響を与え、手触りの良いスベスベの肌がガサガサで色の悪い状態になってしまう可能性があります。

 

自分で脱毛を行うことは上記のように肌トラブルと常に隣り合わせの状態です。お肌にとっても負担をかけることになるので、自己処理を行う前にはよく考えて後悔しない選択をしましょう。

 

綺麗な脱毛ならサロンがおすすめ

 

学割 脱毛

どうしても脱毛したいという方は、脱毛サロンでムダ毛処理をしてもらいましょう。

 

脱毛サロンの脱毛法は、カミソリなどで剃る脱毛ではなく、ムダ毛を根本から処理します。

 

脱毛サロンによって様々な脱毛法がありますが、ムダ毛自体の発育を止める方法は、ムダ毛のみに直接ダメージを与える脱毛法を行ってくれます。

 

特に光脱毛では、ムダ毛の発毛を抑制し、処理後に自然とムダ毛が毛穴から抜けて綺麗な肌になっていきます。

 

自分で脱毛後のトラブルに悩んでいる方が、脱毛サロンで脱毛してもらうと「もっと早く来ればよかった!」と後悔される方が多くいらっしゃいます。

 

肌トラブルを抱える前に、脱毛はプロの手でしてもらうのが最善の方法といえるでしょう。


このページの先頭へ戻る