紫外線対策

学割脱毛

あまり知られていないことではありますが、脱毛する際には日焼けに一番気をつけなければいけないのです。

もし不用意に日焼けをしてしまっていると、きちんと脱毛の効果が出ないことがあります。
そのため脱毛サロンでも、最近日焼けしたかどうか確認されることが多いようです。
私たちは、夏場以外でも日焼けをしていることがあります。
普通に生活をしているだけでも紫外線は降り注いでいるので、そのため知らないうちに日焼けしていることがあるのです。

 

どれくらいの日焼けが脱毛に影響してくるのか、きちんと調べてみましょう。
日焼けしているかを見極めるには、2つの指標があります。
まず一つ目は外出時に日を浴びたのか、次に紫外線対策を行っていたかという点です。

 

脱毛時期って?

 

学割脱毛

春や冬なら紫外線はそう強くないので、2ヵ月以内に日焼けをしていなければすぐに脱毛ができます。

けれどもし日焼けをしていたら、脱毛の施術には1ヵ月ほど待たなければいけません。
逆に、夏や秋の紫外線の強い時期には3ヵ月くらいは脱毛を控えた方がいいようです。
ここで、外には出たけどもきちんと紫外線対策をしていたので日焼けはしていない、という人なら1ヵ月後には脱毛することができます。

 

また時期を問わずいつもファッションなどで日焼けしていたり、日焼けの跡がはっきり残っているような人は脱毛は難しいということで、サロンでも脱毛ができないことがあるようです。
脱毛の施術中期間も、紫外線は大敵です。脱毛を考えている人はとにかく、紫外線対策を怠らないようにしてください。


このページの先頭へ戻る